銀行のカードローンの審査はゆるい?甘い考えは捨てろ!

#

三菱東京UFJ 銀行のバンクイックや楽天銀行のカードローン、楽天スーパーローンなど銀行系のカードローンは総量規制の対象外となっていて、借入限度額が大きい上に、低金利なのが魅力ですよね。

でも銀行のカードローンとなると、申込みの審査のハードルが高そうですし、審査に自信のない方だと申し込むのもためらってしまいますよね。

審査がゆるい甘い銀行のカードローンがあれば申し込めるんですけどね。

この審査がゆるい甘い銀行系のカードローンはあるのでしょうか。

銀行系のカードローンでどのカードローンの審査がゆるいか甘いか、といった判断は様々なカードローンを比較して行える場合と、申し込む人の属性を考慮して比較する場合の二通りが考えられると思います。

他のカードローンと比較して相対的に審査の甘い銀行のカードローンや審査のゆるい銀行のカードローンを見つけるというのは非常に困難です。

なぜなら、同じ人がすべての銀行系のカードローンを申し込むというのは難しいですし、仮にそれができたとしても、最初に申し込んだ銀行系カードローンだけ審査に通って、後から申し込んだ銀行系カードローンはすべて審査に落ちたということであれば、最初に申し込んだ銀行系カードローンの審査が甘いのかといえば、そんなことはないはずです。

ただ単に申し込む順番がそうなっただけで、申込み順を入れ替えたら他のカードローンが審査に通っていたかもしれません。
いざとなればキャッシングしてお金を借りるのもアリですね。

銀行系カードローンの審査の厳しさを相対的に評価するのは不可能

同じ会社に勤める同期の人間を10人ぐらい集めて、それぞれ別々の銀行のカードローンに申し込ませてみたら、どこのカードローンが審査がゆるくて、どこのカードローンの審査が厳しいのかわかりそうですね。

同じ会社の同じ同期でしたら、年収も大体同じぐらいでしょうし、面白い比較になりそうです。

でも現実的には、そんな事はなかなかできるものではないですよね。

属性を考慮して審査が甘いかゆるいのかを判断する方法としては、その銀行系カードローンの申込み基準を見て比較するのが良いでしょう。

パートやアルバイトの方の申込みは可能なのかどうか。専業主婦の方の申込みは可能なのかどうか。
自営業の方の申込みは可能なのか。年齢は何歳から何歳までなのか。年金暮らしの方の申込みはできるのかどうか。

こういった点を見ながら銀行系カードローンを比較していくと、審査が甘い。審査がゆるい、そんな期待をさせるカードローンが見つかるのではないでしょうか。

このページの先頭へ